猫背

こんにちは
健康堂高津院です

突然ですが皆さんは姿勢、気になりませんか?
近年はデスクワークが多くなっていますね。
パソコンの前で作業をしているとどんどん身体がパソコンに近づいていませんか?
すると頭は前に出て、背中は丸くなりますよね。

いい姿勢を維持するには筋肉を使う必要があります。しかし猫背はその筋肉を使わないのです。
だから楽なんです。でもいい姿勢ではありません。
ただ、猫背を治すには努力が必要です。
ですが1日中いい姿勢を維持しろとは言いません。わたしも無理です(笑)

仕事中ふと思い出したら意識してみてください。
椅子に座る際はおしりの骨のでっぱりを支点に座ってください。(手のひらをおしりの下に当て、座るとゴリゴリと硬いものに触れると思います)

お腹を少し凹ませるのも大事です。そうすることで姿勢を意識しすぎて腰が反るのを抑えることができます
背中が丸まると胸の筋肉が縮まります。壁に手を当てて胸の筋肉を伸ばすストレッチをしましょう。

鏡です自分の姿勢をチェックすることもいいですね。耳の穴と肩が一直線だとベストです!
ちょっとずつですが脳が認識し、筋肉も姿勢を保てるようになっていきますよ。

交通事故

もし交通事故に遭ってしまったら、何をどうすればいいのかわからない。

今回はそんな方のために事故直後にやっておくべき事をお教えしようと思います。

もし事故に遭ってしまったら、以下の事を必ずやっておきましょう!


1.相手の氏名、住所、電話番号の確認

2.相手の車の登録番号、所有者の確認

3.相手の加入している保険会社の確認(被害者であっても自分の保険会社にも報告をしておきましょう)

4.事故現場の様子を写真に納めておく(事故の過失割合を決める時に証拠となりますので、デジカメやスマートフォンなどで撮っておくことが望ましいです)

5.警察へ必ず連絡する(法律上の義務になっています。どんなに小さな事故でも必ず警察へ連絡しましょう。また警察に届けなかった場合、保険金請求や事故の治療が困難になる場合もあります)

6.医師の診察を受ける(事故後何ともなくても数日後に症状が出る場合もありますので医師の診察は必ず受けておきましょう)

事故状況によっては、事故直後にこれらの事項を全て確認できない場合もあるかと思います。

その場合は、少なくとも相手方の氏名電話番号、だけでも確認しておきましょう。



当院でも交通事故の施術を基本治療費0円で行っています。
事故に合わないに越したことはないですが、何かありましたらご相談もお受けいたしております!
それでは

自律神経の乱れ

こんにちは
健康堂 高津院です

10月も半月を過ぎ、寒さが増してきましたね。
最近の患者さんに多いのは頭痛がある、肩まわりが張る、夜眠れないなどです。
これらは自律神経の乱れで起きやすい症状です。

自律神経は交感神経副交感神経の2つからなります。

交感神経は仕事中、運動時に活発になり心拍数を上げ、筋緊張を促し活発に活動できるようにします。
副交感神経は逆に心拍数を下げリラックスした状態の時に働きます。
ご飯を食べた後なんだか眠くなるのは胃の消化活動に副交感神経が関わるからです。

しかしこれが寒さ、暑さの変化によるストレス、仕事がうまくいかない、
生活習慣が乱れることによるストレスで自律神経のバランスが崩れてしまうことがあります。
いわゆる自律神経失調症と呼ばれている症状ですね。

交感神経が優位になりすぎることで沢山の症状が並行して起きます!
副交感神経を高めていく必要がありますね。
趣味や入浴、友達や家族と出かけるなど楽しいことをしましょう!きっと心が落ち着いてきますよ。

もう1つ、交感神経は筋肉を緊張させると書きました。つまり筋肉をほぐしてあげると緊張がゆるみ
交感神経の興奮を抑えることが出来ます。高津院で治療を受けることも症状改善の1つの手ですね(笑)
健康堂高津院ではいつでも相談をお待ちしております。